閉じる
このページを見ている人が購入している商品

スターラブレイション [ ケラケラ ]
ケラケラじゃんけん/STATION [ ケラケラ ]
ケラケライフ [ ケラケラ ]
ケラケランド [ ケラケラ ]
ケラケラ / スターラブレイション [CD]
【アウトレット品】ケラケラ/ケラケラリアット【CD/邦楽ポップス】初回出荷限定盤(初回限定盤)

楽天ウェブサービスセンター

ケラケラが許されるのは20世紀まで

1/11/2019 Happy Half Birthday!!
昨日でベイビーリンク、生後6ヶ月になりました!
もうハーフバースデー、1/2歳なんて、あっという間すぎでびっくりする。。。
リンクちゃん おめでとう💕

6ヶ月になったリンクは、5ヶ月半くらいのときに寝返り返りもマスターしたから、もうころころころころどんどん移動するように!
おもちゃもどんどん上手にあそべるようになってるし、おすわりも少しずつできるようになってるし、下の歯もほんの少し生えてきてて(指噛まれたときのギザギザの感触が痛いんやけどたまらなくかわいい。笑)日に日に成長してくれてるのが目に見えてわかってとってもうれしい🌈
表情もどんどん増えて、笑顔の種類も増えてて、わたしのガチのリアクションを見てケラケラ笑ったりするのとかもうたまらん!笑

昨日ハーフバースデーやったから3人でおもちゃいくつか買いに行ったんやけど、6ヶ月となるとおもちゃの幅もぐんと広がっててなんか感動したし、離乳食ももうスタートするし、なんだか一気に世界が広がる予感。。。!💕

日に日ににこにこもおしゃべりもゲラゲラも増えてて、かわいくてかわいくてだいすきすぎてどうしよう状態な毎日!
こんなに かわいい だいすき を繰り返した幸せな半年間は生まれてはじめてやったよ🌈
ここまでこうして元気にすくすく大きくなってくれて、ほんっとうにありがとうね リンク

。。。ちなみに体重は、今朝はかったら!!!(パジャマ着てるけど)
重いむちむちくんです💕笑

I love you soooooo much my little boy💋xxx
Peco
Comment Thank You!!
harupopo さん
ぺこちゃんあけましておめでとう!!♡♡
二人揃って年女年男なんやね~(^^)
なんか素敵な1年になりそう!!
12月28日結婚2年記念おめでとう!
私の誕生日でもあるからとっても嬉しいです♡♡

2人揃って年女年男、わくわくです!
そして12/28 お誕生日おめでとうございます
すてきな1年になりますように!
チナ さん
ぺこりんあけましておめでとう!!
今年もぺこりん、りゅうちぇる、リンクくんにとって素敵な1年になりますように( *˙˙*)
今年もだいすき!!!!!!
ありがとう💕
チナちゃんにとってもすてきな1年になりますように!
えみ さん
コメ返ありがとう♡
こちらこそありがとうだよ!
ミッキーのおせちめっちゃ可愛いし美味しそう‬‪︎♡
ミッキーのおせちおいしかったよ
かもえる さん
あけましておめでとう!
年賀状ぺこちゃんのもとに届いてたら嬉しいな、、♡最近のぺこちゃん毎日がほんっとに楽しそう!!!幸せいっぱいくれてありがとう(;▽;)♡♡今年も変わらず、そして何年たってもぺこちゃんのことだいすき!!ずっと私の憧れの存在だよ。
年賀状送ってくれたんやねありがとう〜😭
見させてもらうね!💕
そしてうれしいお言葉ほんとうにありがとう💕
さやぺぺ さん
もう結婚して2年たつなんて早すぎる!!
ぺこちゃんとりゅうちぇるくんが付き合いたての頃からずっとみていたから私まで嬉しくなるよー!!
最近寒すぎてペコクラブのスキージャケット毎日来てるよ!!本当にあったか過ぎて最高!!
素敵なお洋服作ってくれてありがとうね
ずーっとみてくれててありがとう💕
スキージャケット着てくれてるんやね〜うれしい💕
あき さん
明けましておめでとうございます!!♡
今年も幸せいっぱいな1年になるといいね♡今年もずっとぺこちゃんのこと大好きです( ; ; )♡
うれしいなぁありがとうございます💕
ナツキ さん
ぺこりんの日常が素敵すぎて大好きです!
リンクくんとりゅうちぇるとほのぼのしてるのがほんとに憧れすぎてもう大好きすぎます(語彙力)
今年はぺこりんに会いに行きたいと思ってます!
岡山にもきてくださーい!笑♡♡♡
うれしいありがとう💕
今年は会えるのをたのしみにしてるね!
ヨハコ さん
ぺこちゃん♡あけましておめでとうございますっ!
今年も、ぺこちゃんのブログを楽しみにしています。
去年は、リンクくんがお生まれになって、本当に最高に素晴らしい年だったね~☆☆☆
今年も、ぺこちゃんの大切なご家族がみんな益々、ハッピーな年でありますようにっ!♫

わぁうれしいです!
ありがとうございます🌈
ヨハコさんにとってもハッピーな1年になりますように!
ぺこりん さん
ぺこりん肌綺麗ですね!毎日のスキンケア何使ってるか是非是非教えてほしいです☆
とんでもないですがありがとうございます。。。!
スキンケアについては過去記事にのせてあるのでぜひ見てもらえたらうれしいです💐
yuu さん
2019年も比嘉Famにとって素敵な1年になりますように
りんくくんは後ろ姿さえも可愛すぎる❤️
まん丸おしりがとってもCute
ありがとう💕
ランダムにコメントお返事させてもらいました!
いつもコメントありがとうございます🌈

ケラケラでビシッとね!

朝の太陽を僅かに遮る様に薄い雲が空を覆う中、学校の正門へと辿り着くと自転車から降りて、歩きながら自転車置き場へと向かう。
柱に凭れ掛りながら新聞を広げている人影が目に入ったので手を振ると、俺の存在に気付いて顔を上げてくれた。
「おはよう!」
「おはようございます!櫻井先生」
駆け足で自転車を押して、新聞を折り畳む櫻井先生の元へと急いだ。
「どうしたんですか?もしかして……俺の事、待ってた?」
「そうだよ?可愛い君を待ってたの!」
「相葉さんに言われたから?ってか…可愛いって何?」
「雅紀が口癖の様に二宮先生の事を可愛い可愛いって言うし…実際に、可愛いし?俺より一歳下なだけでしょ?見えないよね?高校生に紛れても分からないよ」
「俺の事、そんな風に言ってもいいのかな?」
相変わらず、朝から相葉さん並のテンションでニコニコと笑顔で喋ってくる櫻井先生に押され気味な俺は自転車の鍵を閉めながら、反撃に出ようかと試みた。
きっと、自分の恋人と俺が友達だなんて知らない筈。
「何?駄目な事でも言った?」
大きな瞳がキョトンとした表情で俺を見て、不思議そうに首を傾げる。
けど…潤君からは、昨日の事を喋ってもいいとは言われていない為、本人が相手であっても言うべきではないから、反撃は諦めた。
「何でも、ないです!けど…泣かせたら、俺が許さないから‼」
「はっ⁉何ソレ?何だよ、この指はっ!」
人差し指で櫻井先生を指すから、俺の指先はペチッと叩かれる。
2人でワイワイと賑やかに喋りながら教員用の靴箱へと向かう中、本間先生と擦れ違い挨拶を交わす。
昨日の出来事が頭を過ったけど、何も…話し掛けてこなかったので、内心は安心している表情を顔に出さない様に俺は櫻井先生と喋り続けた。
通勤時から櫻井先生が待っていてくれたのは、あいつが、そこまで頼んだのか、どうなのか、分からないが、面倒な顔もせずに俺の側にいてくれる事が嬉しい。
そんな人が潤君の恋人だって事は、もっともっと、嬉しい。
徐々に、薄い雲が厚さを増して、空全体を隠す様に広がる中、太陽は高い所へ移動して行く。
午前中の授業を終えるチャイムが校内に響くと、途端に、どの教室も騒がしくなる。
廊下には学食を求めて走る生徒が何人もいて、授業を終えた教師達の呆れた声が響く。
そんな中、俺は自分の部屋がある3階へと階段を上がった。
部屋の扉へと手を伸ばした時、少しの隙間が出来ている事に気付いて、指先が止まる。
こんな事で過敏に反応してしまう自分が嫌だ。
ふぅっと息を吐いて扉を開くと、俺に割り箸を振りながら櫻井先生が椅子に腰かけている。
「櫻井先生⁉」
「お昼を一緒にと思って。雅紀がいないと寂しいでしょ?」
「べっ別に、いつも…一緒に、食べてる訳じゃ…」
壁際から、あいつ専用みたいになっているキャスター付の丸椅子を櫻井先生の横に持ってきて、腰掛ける。
コンビニで買ってきたんであろう弁当を広げる櫻井先生の隣で、俺はリュックに詰め込んできた調理パンを机の上に並べた。
「今日の帰りは、どうする?雅紀の家に寄る?」
「行きたい‼あ……行っても大丈夫かな?」
「大丈夫でしょ?じゃぁ…決まりね。俺が雅紀の家まで、車で乗せてってあげるよ。放課後に迎えに来るから…此処で、待ってて」
口にパンが入っている状態なので喋れず、こくこくと首を縦に振って返事をした。
「ところで、何処に、やったの?」
ご飯を箸で口に運びながら櫻井先生は机の右端に置かれたペン立てへと、視線を動かす。
この部屋に置かれていた相葉さんから貰ったボールペンがない事に、不思議そうな瞳が俺を見る。
「…………インクがなくなったんで、持って帰ったんです」
「そうなんだ」
本当の事は言いづらくて、咄嗟に、俺は嘘をついてしまった。
動揺を悟られない様にペットボトルの紅茶を櫻井先生から顔を逸らしながら、口に流し込む。
それ以上…ボールペンの事に触れてくる事はなく、櫻井先生は昼休みが終わるギリギリまで、俺の部屋で、のんびりと寛いでいた。
「時間…大丈夫ですか?もうすぐ、授業が始まりますよ?」
「え⁉本当だ‼じゃぁ…後でね!放課後は、直ぐに、来るからね」
左腕の時計を確認した櫻井先生が、慌てて、俺の部屋から出て行くのをケラケラと笑いながら見送る。
俺も準備してあった教材を腕に抱えると階段を下りて、俺の授業を受けるクラスの教室へと、足早に、向かった。
時間に、きっちりしている櫻井先生が時計を見ていなかった事なんてなくて、全ては、あいつが俺を心配するからの行動
あいつがいない学校で俺を一人にしない様に
朝から過剰な程に守られている自分に、俺は…もっと、違和感を感じるべきだった…