閉じる
このページを見ている人が購入している商品

未来のミライ ファンブック
未来のミライ【電子書籍】[ 細田 守 ]
未来のミライ (角川スニーカー文庫) [ 細田 守 ]
未来のミライ ARTBOOK [ 日本テレビ・スタジオ地図 LLP ]
【インクジェットウォッシュタオル】 くんちゃん 未来のミライ ハンドタオル 丸眞 34×36cm ギフト雑貨 アニメティーンズ雑貨通販【メール便可】【あす楽】マシュマロポップ
未来のミライ ハンドタオル インクジェットウォッシュタオル くんちゃん 丸眞 34×36cm ギフト雑貨 アニメキャラクターグッズ通販 【メール便可】【あす楽】シネマコレクション

楽天ウェブサービスセンター

ついに未来のミライに自我が目覚めた

嬉しいニュースが続きますね〜
細田守監督作『未来のミライ』がアカデミー賞候補に
ましゃの声優さんとして初の作品

そして、コチラも
是枝裕和監督作『万引き家族』もアカデミー賞候補に
やっぱり是枝監督もスゴイです
アカデミー賞
ノミネートされるだけでもとても名誉なことですよね〜
ましゃは素晴らしい監督さんたちと一緒にお仕事してるんですね
また、一緒にお仕事する機会があれば嬉しいな

有名ショッピングモール の激安未来のミライ情報をセレクトしてお届けします

どうもです。みなさん、大して興味のないことでしょうが(汗)、昨年、劇場で観た新作長編映画は232本でしてね(邦画73本、洋画159本、新作短編映画4本、旧作8本、買ったパンフレット218冊、パンフレットの購入金額163,390円)。愛聴しているラジオ番組に出演した際、僕は「2018年に観た新作映画は242本」と言っていましたが、当ブログ的には感想をアップしたものを本数にカウントする方針なので、感想を年内に挙げられなかった11本(出演後に1本分増えた)に関しては、2019年の新作映画として計算する予定…って、どうでも良いですかね (´∀`;) エヘヘ 本当にね、2018年にの感想を書ききれなかったのは痛恨の極みなんですけど、まぁ、それはそれとして。感想の時に付けた点数はあまり気にしないで、あらためて「今、好きな順番」で232本を並べてみました。暇な人は適当に眺めてみてくださいな↓

1
2 (2回)
3
4 (2回)
5
6
7
8 (2回)
9
10 (2回)

※ベスト10に関してはにもアップしております。

11
12
13
14 (2回)
15
16
17
18
19 (2回)
20

21
22
23
24 (2回)
25
26
27
28
29
30

31
32
33 (2回)
34 (2回)
35
36
37
38 (2回)
39
40

41
42
43
44 (3回)
45 (2回)
46 (2回)
47
48 (2回)
49 (2回)
50

51 (2回)
52
53
54
55
56
57
58
59
60

61
62
63
64
65
66
67
68
69
70

71
72
73
74
75
76
77
78
79
80

81
82
83
84
85
86 (2回)
87
88
89
90

91
92
93
94
95
96
97
98
99
100

101
102
103 (5回)
104
105
106
107 (2回)
108
109
110

111
112
113
114 (2回)
115
116
117
118
119
120

121
122
123
124
125
126
127
128
129
130 (2回)

131
132
133
134
135
136
137
138
139
140

141
142
143
144
145
146
147
148
149
150

151
152
153
154
155
156
157
158
159
160

161
162
163
164
165
166
167
168
169
170

171
172
173
174
175
176
177
178
179
180

181
182
183
184
185
186
187
188
189
190

191
192
193
194
195
196
197
198
199
200

201
202
203 (2回)
204
205
206
207
208
209
210

211
212
213
214
215
216 (2回)
217
218
219
220

221
222
223
224
225
226
227
228
229
230

231
232
※ワースト10に関してはでも書いております。

毎年毎年同じことを書いていますが、もう100位から上はベスト10と考えていただいてノー問題!(o^-‘)b イイヨ 別にワーストに入っている映画だって(一部を除いては)それなりに楽しめたさぁ。今回、一番悩んだのがで、そりゃあスゴかったんだけど、僕以外の人たちが猛プッシュしてるし、の劇場公開を見逃しちゃった負い目から、ついベスト圏外にしちゃったというね(も同じ感じ)。それと、はマジで多くの人に観てほしい社会派ドキュメンタリーだったんですけど、あまりにヘビーすぎるので、今回は圏外にしちゃいました… (´・ω・`) スミマセン

それ以外では、は実質1位だし、も本当もトップ5には入れたかったなぁ。ももうちょっと感想を書きたかったと思うぐらい好きでしたよ。ランキング上位じゃなくても、例えば初めて映画の公式コメントを頼まれたはとても思い出深い1本になったし、順位は低いながらもは未だにモヤモヤが残っていたりします(感想を書くのにスゲー時間がかかった)。まぁ、こんな順位はその日の体調によって変わったりするので、あまり気にしないでくださいな。最後に、今年から勝手に設けた僕なりの部門賞をダラッと垂れ流して、この駄文を終えようと思います↓

○ベスト男賞
の遠藤憲一さん

○ベスト女賞
のブルンヒルデ・ポムゼル

○ベストアクション賞
での無闇に強いアジア系の人との1vs2バトル

○ベストサントラ賞
の特訓シーンで流れる

○ベストシーン賞
での二宮和也さんの恫喝取り調べ

○ベスト旧作賞

○ベスト劇場体験賞

以上、昨年に観た新作映画全ランキングでした~。